事長 藤井和子(ふじいよりこ)

栄和会は平成5年の創立以来、その名が示すように「和をもって栄える」ことができるよう利用者、家族、地域社会、職員の和を大切に取り組んでまいりました。今後も各拠点がそれぞれの地域の中で愛される事業所であり続けるように努力していきます。

総合施設長 瀬戸雅嗣(せとまさし)

 栄和会では介護予防から要介護まで、ご利用者の状態や希望に合わせて提供できるよう、各種サービスを展開しております。また、社会福祉法人として地域の福祉の向上にも力を入れており、住民の皆様にとってなくてはならない事業所になれるように日々努力しております。ご利用者やそのご家族、地域の方々の「幸せ」の実現に役職員一丸となって貢献していきます。

事務局長 佐々木政雄(ささきまさお)

介護保険事業を取り巻く環境は、要介護者の重度化や担い手の不足などにより年々厳しくなって参ります。また、入所・通所などを利用されていますご利用者の処遇の充実や、職員の処遇向上などの課題も山積しています。これらの課題や法人の基本理念実現に向けて、各種取り組みを進めて参りたいと考えておりますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

老人保健施設あつべつ
施設長 楠岡修身

介護老人保健施設あつべつは、平成8年に開設いたしました。医師・看護師・理学療法士・作業療法士・介護職員・管理栄養士・支援相談員・施設ケアマネジャーなどがチームを組んでご本人様・ご家族様の意向に合わせた施設生活と一日でも早く住み慣れたご自宅での生活に戻れるよう全職員一丸となって支援をしております。法人理念にもある自立支援を実現するためより良いサービス提供に努めて参ります。

特別養護老人ホームひらおか梅花実
施設長 三井弘巳(みついひろみ)
ひらおか梅花実は平成19年に清田区に開設し、地域の皆様にご協力をいただきながら今日に至っています。開設当時、札幌市内で最も高齢化率が低かった清田区も、その状況は大きく変化し、市内上位に数えられる状況となりつつあります。日増しに高まる介護ニーズに真摯に向き合い、介護が必要になっても住み慣れた清田の地で、地域の皆様が安心して暮らすことができるよう努めて参ります。
末永くご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

特別養護老人ホームあつべつ南5丁目
施設長 石﨑 剛(いしざきつよし)
特別養護老人ホームあつべつ南5丁目は、令和元年5月7日に開設したユニット型の施設です。厚別南5丁目拠点では、平成23年11月にデイサービスセンターを開設し、併せて大谷地から厚別区地域包括支援センターを移転し、地域の皆さんの協力のもと運営してきました。施設開設に伴い、地域包括支援センターを施設前面へ移転し、またCaféを併設することで、入居されている方々や家族、関係者や地域の方々が繋がりを持って生きていく「共生社会」に貢献できるよう、職員一同努力しています。

中野施設長

ケアハウスやすらぎ
施設長 中野 升(なかののぼる)

やすらぎは、平成6年に厚別区の山本地区に地域の皆様のご理解、ご協力をいただきながら、法人として最初に開設した施設であります。
当時は札幌市内にも数えるほどしかなかった福祉施設も今ではたくさんの数となりました。
今後も法人の理念を念頭に、利用者様が安心して暮らしていただけるように精進し、地域の皆様に必要とされる施設を目指していきます。

PAGE TOP