ひらおか梅花実デイサービスセンター 北海道学習療法実践交流会 第4回北介道シンポジウム参加

1月26日に学習療法を実践している道内の6施設が集まり、シンポジウムを開催しました。企画当初は新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いており、岩見沢に集結し対面で実施する予定でしたが、現在の新型コロナウイルス感染状況を鑑み、文明の利器である“ZOOM”での開催となりました。

今回のテーマは「学習療法を行っている施設が集まり、元気になる」。

直接対面し、互いの取り組みや実践方法、考え方などについて意見交換を行い、刺激を受けたかった所ではありますが、パソコンの画面内でも各施設の取り組みを聞き、活発なグループ討議を行い、十分に各施設からの刺激を受け、テーマの通り「元気になる」ことができました。ひらおか梅花実デイサービスセンターの取り組みについても発表を行い、学習療法センターや各施設の方より評価を頂く事ができました。

ある施設では学習療法の取り組みを開始してから16年。地域の方にも塾として開校し、学習療法が地域に根付いているようです。梅花実は学習療法を開始して5年。まだまだこれからです。

終始温かい気持ちになりながらシンポジウムに参加しました。これからも実践されている皆様の脳の活性化を行い、住み慣れた地域での生活を支えて参ります。

最後は皆さんで集合写真です。次こそは直接お会いしたいものですね。

栄和会の仲間募集!
福利厚生も充実

チェックしてみる!
ひらおか梅花実 主任アベ

ひらおか梅花実 主任アベ

平成15年に栄和会の仲間となり、もう数十年。あっという間に月日が流れております。初心を忘れずに現在も皆様の住み慣れた地域での健やかな生活を支えられるよう日々全力で勤務しています。

最近の記事

  • 関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP